失敗しない家づくりついて ~間取りと広さ~




家づくりを考えた時に、まず考えるのが
部屋の数と広さだと思います。

「リビングは18畳くらい欲しいな。」
「子供部屋は6畳は欲しいな。」
「建物全体で40坪くらいないと狭いかな?」

でも、ちょっと待ってください。
最初の段階では、面積(坪数)にとらわれないようにしましょう。
数字上の広さにとらわれると、どんどん広くなってしまい、
結果として建物の金額が大きくなってしまいます。

単純に広さといっても、実際に感じる広さは、
その環境によって変わってきます。
例えば、全面ガラス張りの6畳と
壁4面に囲まれた8畳の部屋では、どちらが広く感じるでしょうか?

吹き抜けのある16畳のリビングと
天井が低く、壁が多い18畳のリビングではどうでしょう?

必要な部屋数は、家族の人数、部屋の使い方などで決まってくると思いますので
決めておいてよいと思います。
ただし、面積は気にせず、私たちにご相談いただければ
最適なプランを検討します。

同じ大きさの部屋であれば、窓を大きくすることで、開放感が出て
広く感じるようになります。
LDKで言えば、階段スペースを一体にしたり、
ウッドデッキを作って、リビングの床とつながりを持たせることで
広がりがでます。
このようなアイデアはたくさんあります。

さらに言えば、固定概念でこのくらい必要という広さも、
別の意見と聞くことで、違う考え方ができるかもしれません。

Kibacoでは、ミニマルデザインを実現するために、
まずは家づくりの考え方からお話します。
せっかくの住まいづくりですので、
楽しく暮らせることができるように、
しっかりとした設計コンセプトを一緒に作って
進めていければと思います。

『失敗しない家づくりついて』というテーマは
たくさんあるので、また書きたいと思います。

★家づくりのこと、なんでもお気軽にご相談ください。

【無料相談会】
6/8(土)、6/9(日)、6/22(土)、6/23(日)
※予約制になります。お電話、E-mailまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【お問い合わせ】
ラフプラン作成まで、無料でできますので、お気軽にご連絡ください。
TEL 029-896-4260
(水曜定休 10:00~18:00)
E-mail info@kibaco.work
お問い合わせフォーム
 https://kibaco.work/contact

2019.06.03