完成見学会のメリット

モデルハウスではなく、
完成見学会にこだわる理由を書きたいと思います。

1.現実的な間取り、仕様を確認できる
モデルハウスは、各社がここまでできるんだというグレードの高い仕様で作られていることがほどんどです。
大きな玄関、かなり大きな寝室、ゴージャスなキッチンなど。
見ると楽しいのですが、現実的な予算を考えるととても実現できるものではありません。
結果的に、モデルハウスを見て気に入っても、自分が建てる家は、モデルハウスと全然違う仕様となります。
思ってたのと違うな・・・ということが起きてしまいます。

Kibacoの完成見学会は、実際にお客さんが建てた家をお借りして行っています。
そのため、それぞれのお客さんと現実的な予算の中で、いろいろなこだわりと実現した住まいです。
実際に住む場合の予算感や規模感(間取り、広さ)が確認できる上に、
使用している材料なども確認することができます。

2.余計な費用をかけずに、住宅の質を上げる
モデルハウスを作らない理由の2つ目としては、余計な費用をかけないということです。
モデルハウスを作るには土地を含め、かなりの費用を使います。
最終的には販売するのですが、利益はほとんど見込むことができません。
さらに管理するために費用も発生します。
これらの費用は、最終的には建築する方の負担になってきます。
コストをなるべく削ることで、住宅の質を上げることに費用を回すことができるのです。

3.温度環境を体感できる
寒い時期や暑い時期の完成見学会は、エアコンの効き具合なども体感することができるのでおすすめです。
モデルハウスは、過剰な断熱工事をしていたりするので、参考にならない場合があります。
実際の住宅の断熱性能を体感することができるのは、完成見学会ならではのメリットです。

4.開放感の確認
35坪4LDKと言われても、間取りによって、開放感などは変わってきます。
図面上で見た広さ感と、実際に見た広さの感覚は違うものです。
同じ坪数でも、空間のつくり方で広く見えたり、閉鎖的に感じたりします。
間取りを見ながら建物の中を見ることで、空間の広がりなどを体験できるのがいいですね。

住宅展示場には、立派なモデルハウスが立ち並んでいて、
見ているだけで楽しくなります。
家を建てたい!というきっかになるのはいいことですが、
もし本格的に住宅建築を進める場合は、
完成見学会に行かれることをおすすめします。

――――――――――――――――――――――
 完成見学会(つくば市大角豆)
 1/12(日) 1/13(月・祝)
――――――――――――――――――――――
家族が明るく暮らせる塗り壁の家。

壁も樋も屋根も、全部黒でまとめて、木目の玄関ドアが映えるデザインにしました。
室内は、明るく広いリビングを中心とした間取りです。
みなさまのご来場お待ちしております。

詳しくは、見学会専用ページをご覧ください。

ご予約の上、見学会にご参加いただいた方には
オリジナルトートバッグをプレゼントいたします。

【お願い】
完成見学会は施主様の厚意によって開催できます。
来場された際には、スリッパと白手袋の着用をお願いしております。
また、簡単なアンケートにご協力いただきますので、何卒ご了承ください。

●ギャラリー

2020.01.06